母の葬儀は大田区の斎場を使用しました

事前予約で焦らずに済んだ

大田区 葬儀 斎場10万円代からの家族葬

葬儀をする場所は、住んでいる大田区に決めていました。
ネットなどで大田区にある何軒かの斎場を調べて、めぼしいところに電話予約を申し入れました。
予め、自分が疑問に思っていることをメモに書き出し、質問しながら話を聞いていくというスタイルにしました。
葬儀会社によっては料金のシステムにも違いがあり、パンフレットに書かれているもの以外に当日に追加料金が発生する場合もありました。
私と母の意向としては「なるべく低予算で、少ない人数でお見送りをしたい」と思っていたので、一般葬ではなく家族葬を主に扱っているところに決めました。
決め手は、追加料金が発生しないことと、料金のシステムが明確であること、説明してくれたスタッフの方が信頼できる人であったからです。
そして、事前予約をしたことで代金も10%ほど安くなることになりました。
葬儀会社を決めたことでなんとなく自分の中でも安堵感が生まれました。
もしもの時がきたときにも焦らずに済むからです。
事前予約を済ませてからちょうど一か月後に母が亡くなりました。
亡くなったのは深夜でしたので、病院からの自宅へ運び、葬儀に関する様々なことを決めたのですが、事前に話しておいたので打ち合わせも30分程度ですみました。
当日は、家族と母の親しい友人のみの小さなお葬式となりましたが、母とのお別れをゆっくりとすることができて良かったです。
家族葬のメリットは何よりも、病院の付き添いやいろいろなことで疲れている体を休めることができること、納得のできるお別れができることです。
一般葬では形式的なお付き合いの方も来られるので、対応する家族も疲れてしまうことが多いのですが、知り合いばかりなので気を遣うこともなく楽でした。
母も大好きな人たちに見送られて満足だったと思います。

母親の余命宣告 | 母の終活で葬儀の相談に行った | 事前予約で焦らずに済んだ